コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御田植(え)祭(り) オタウエマツリ

デジタル大辞泉の解説

おたうえ‐まつり〔おたうゑ‐〕【御田植(え)祭(り)】

年頭または田植えの前に、豊作を祈って行われる田植えの神事。伊勢神宮住吉神社などのように、神田(しんでん)に実際に田植えを行うものと、予祝行事として農作の演技を行うもの(田遊び)とがある。御田植え。御田(おんだ)。御田(おんだ)祭り。田植えの神事。 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の御田植(え)祭(り)の言及

【住吉踊】より

…民俗芸能。大阪市住吉区の住吉大社に伝承される踊りで,古くは住吉大社の神宮寺,新羅寺の社僧が御田植祭に踊ったあと,住吉代参の祈禱の目的で京阪を巡回して踊ったものだという。白木綿の衣装に手甲,股引,脚絆といった旅仕度の者4~5人が円陣をつくり,音頭取りが大傘を立てて〈住吉様の岸の姫松目出たさよ〉などと傘の柄をたたきながら歌うのにつれて,うちわを打ちふり足をはねあげて踊る。…

※「御田植(え)祭(り)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

御田植(え)祭(り)の関連キーワード大山祇神社(おおやまづみじんじゃ)御田植祭[阿蘇]伊佐須美神社吉備津彦神社三重県志摩市伊勢の御田植伊弉諾神宮神崎(町)会津美里町棚倉(町)広瀬神社秩父神社気比神宮香取神宮阿蘇神社会津高田多賀大社大神神社阿蘇市住吉踊

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android