コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広田憲寛 ひろた けんかん

2件 の用語解説(広田憲寛の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

広田憲寛 ひろた-けんかん

1818-1888 江戸後期-明治時代の蘭学者。
文政元年6月10日生まれ。越前(えちぜん)(福井県)大野藩士。佐久間象山に砲術を,藩校明倫館で伊藤慎蔵(しんぞう)に蘭学をまなぶ。藤林普山の「訳鍵」をもとに蘭日辞書「増補改正訳鍵」を刊行。万延2年藩校教授となる。維新後,戸長,小学校教員などをつとめた。明治21年9月9日死去。71歳。通称は敬次郎,文吉,儀太夫。号は九鱗。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

広田憲寛

没年:明治21.9.9(1888)
生年:文政1.6.10(1818.7.12)
幕末明治期の蘭学者,教育者。幼名は吉之助,名は敬次郎,通称は文吉,儀太夫,号は九鱗。越前大野藩(大野市)藩士の家に生まれ,藩命で西洋砲術修業のため佐久間象山 の門に入る。のち帰藩して藩営の洋学館で伊藤慎蔵に蘭学を学び,慎蔵の蘭書翻訳手伝,同館句読師手伝を経て,のち講釈を担当。辞書『訳鍵』を増補改正し,大部な『和蘭字彙』をもとにハンディな蘭日辞典『増補改正訳鍵』全5巻(1857~60)を刊行した。明治3(1870)年権大属に任ぜられ,廃藩以後は戸長,小学校教員を勤めた。大野で没し,託縁寺に葬られた。<参考文献>石橋重吉『若越新文化』

(宗田一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

広田憲寛の関連キーワード佐佐木弘綱太田雪岳蘭学蘭学階梯教育者佐々木元俊佐藤政養下間良弼中村吉之丞野辺地尚義

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone