コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊藤慎蔵 いとう しんぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊藤慎蔵 いとう-しんぞう

1825/26-1880 幕末-明治時代の蘭学者。
文政8/9年生まれ。緒方洪庵(おがた-こうあん)の適塾塾頭をへて,安政2年(1855)越前(えちぜん)(福井県)大野藩の洋学館教授となる。明治3年大阪開成所数学教授,5年文部大助教。明治13年6月17日死去。55/56歳。長門(ながと)(山口県)出身。名は精一,慎。字(あざな)は君独。著作に「磁石霊震気療説」,訳書に「築城全書」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いとうしんぞう【伊藤慎蔵】

1826~1880) 幕末の洋学者。長門国萩の人。適塾にまなぶ。越前国大野藩の洋学館長として蘭学教育などに貢献。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊藤慎蔵
いとうしんぞう
(1826―1880)

洋学者。長門(ながと)国(山口県)萩(はぎ)に生まれ、緒方洪庵(おがたこうあん)の適塾に学んだ。塾の姓名録第138番に伊藤精一の名があり、「改慎蔵、安政二乙卯冬十一月以蘭学(らんがく)仕大野侯」の付記がある。「不埒(ふらち)のことあり」破門され、村田蔵六(大村益次郎)の援助で復帰、勉励し塾頭となる。1855年(安政2)越前(えちぜん)国(福井県)大野藩の洋学館長に就任、蘭学教育、翻訳著述、牛痘(ぎゅうとう)種痘法の普及など大きな功績をあげた。1861年(文久1)適塾に戻り、1870年(明治3)大坂開成所で数学を教え、舎密(せいみ)局に出仕、妻の郷里名塩(なじお)(兵庫県西宮市)でも教育にかかわった。1872年東京に出て文部大助教となり語学、数学を教えたがまもなく辞任、以後野にあった。東京で病没した。著訳書に『颶風(ぐふう)新話』『築城全書』『築城全書名義解』『英吉利(イギリス)文典』『磁石震気療法』『筆算提要』などがある。[藤野恒三郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

伊藤慎蔵の関連キーワードボイス・バロットの法則藤野恒三郎緒方惟準明治時代広田憲寛蘭学者幕末文政

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android