コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文吉 ぶんきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

文吉 ぶんきち

?-1862 幕末の目明かし。
京都の九条家家士島田左近の手先となり,安政大獄のとき尊攘(そんじょう)派の探索や逮捕にあたる。高利貸もおこなう。猿(ましら)の文吉とよばれた。文久2年閏(うるう)8月29日土佐の岡田以蔵らに絞殺されたうえ三条河原にさらされた。山城(京都府)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

文吉

没年:文久2.閏8.29(1862.10.22)
生年:生年不詳
幕末,京都の目明。猿の文吉とも呼ばれた。安政5(1858)年,九条家家士島田左近の指示に従って志士の探索・捕縛に当たった。これが恨みを買い,文久2(1862)年,岡田以蔵ら尊攘派の浪士に自宅から拉致され,くびり殺されて三条河原にさらされた。捨札に「非分償金を貪り,其上,島田所持致し候不正の金子を預り,過分の利足を渙にし」とあり,高利貸しもしていたらしい。同じ捨札にはこうも書かれている。「同人死後に至り,右金子借用の者は,決して返済に及ばず候」。

(井上勲)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

文吉の関連キーワード桂 文之助(東京・4代目)翁家 さん馬(5代目)春風亭 柳枝(3代目)常磐津文字太夫(初代)常磐津文字太夫(3代)川島 甚兵衛(4代目)川島甚兵衛(4代)麗々亭柳橋(3代)春風亭柳枝(3代)長谷川貞信(初代)尾形周平(2代)竹田出雲(3代)常磐津 文字登和曽我廼家寛太郎傾城阿波の鳴門太平記忠臣講釈桂文治(2代)小金井小次郎五十嵐文吉関取千両幟

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

文吉の関連情報