コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤林普山 ふじばやしふざん

3件 の用語解説(藤林普山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤林普山
ふじばやしふざん

[生]天明1(1781).1.16. 山城
[没]天保7(1836).1.14. 京都
江戸時代後期の蘭学者,医師。名は紀元,字は君諧,通称が泰介 (泰助) ,淳道。号が普山および筒城。寛政8 (1796) 年京都に出て医学を学んだ際に稲村三伯の蘭和辞書『波留麻和解』を購入し,帰郷して蘭学を 10年間独学した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤林普山 ふじばやし-ふざん

1781-1836 江戸時代後期の医師,蘭学者。
安永10年1月16日生まれ。京都で医学をまなび,小森桃塢(とうう)とともに稲村三伯の門にはいる。三伯の蘭日辞典「ハルマ和解(わげ)」を抜粋・訂正して「訳鍵」を刊行した。天保(てんぽう)7年1月14日死去。56歳。山城(京都府)出身。名は紀元。字(あざな)は君諧。通称は泰助(介),淳道。別号に筒城。著作に「和蘭(オランダ)語法解」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

藤林普山

没年:天保7.1.14(1836.3.1)
生年:天明1.1.16(1781.2.8)
江戸後期の蘭学者。本姓大西氏。名は紀元,字は君諧,通称は泰介(泰助とも),淳道,号は普山,筒城。山城国綴喜郡普賢寺村(京都府田辺町)水取の生まれ。寛政8(1796)年より3年間京都に出て医を学び,稲村三伯(海上随鴎)の『波留麻和解』を購入して帰郷,独学10年,西洋の学を尊んだ。また晩年の木村蒹葭堂を再度訪問。文化3(1806)年小森桃塢と共に随鴎に入門した。『波留麻和解』が7万語かつ30部のみであったので,師に請うて簡便な3万語の蘭日辞典『訳鍵』を文化7(1810)年出版,これが蘭学の普及に貢献した。付録に文法を略説,これはのち『蘭学逕』となる。『和蘭語法解』『遠西度量考』のほか『西医方選』などの医書の翻訳がある。天保1(1830)年有栖川宮家の医員。昭和32(1957)年田辺町で120年祭,平成4(1992)年同町で普山会が発足した。<参考文献>普山先生景仰会『蘭学の泰斗藤林普山先生』,山本四郎「藤林普山伝研究」(有坂隆道編『日本洋学史の研究』3)

(山本四郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤林普山の関連キーワード上田仲敏桜井信景蘭学宇田川玄真海上随鴎蘭学の宇田川家3代大高元哲小山杉渓佐々木元俊下間良弼

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone