コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広縁 ヒロエン

大辞林 第三版の解説

ひろえん【広縁】

幅の広い縁側。
広庇ひろびさし 」に同じ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の広縁の言及

【廊下】より

…室町時代に入ると,貴族住宅の配置は複雑化するが,そこでは建物をつなぐ簡単な構造の廊下は,もはや廊や渡殿と呼ばずに釣屋(つりや)と呼んでいる。 建物内部の廊下が著しく発達したのは桃山・江戸時代の将軍や大名等の邸宅で,建物を相互に結ぶ廊下のほか,客座敷の外側をとりまくように設けられた畳敷きの廊下(広縁,入側(いりがわ)と呼ぶことがある)や,片側や両側に多くの部屋を並べた廊下などが用いられた。江戸時代の農家・町家や,中・下級の武士住宅には廊下はほとんど見られないが,江戸時代末期には,家の二方あるいは三方に連続した縁側を設けて,便所や風呂場への通路に用いるものが現れ,廊下に似た機能をもつようになる。…

※「広縁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

広縁の関連キーワード修学院離宮(しゅがくいんりきゅう)広庇・広廂バンガローベランダ庇・廂書院造通し矢第六識大仙院桂離宮正伝寺忘筌中門入側杉戸広庇帯戸

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

広縁の関連情報