コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広達 こうたつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

広達 こうたつ

?-? 奈良時代の僧。
法相(ほっそう)宗。「日本霊異記(りょういき)」によれば,聖武(しょうむ)天皇(在位724-749)のとき吉野金峰山(きんぷせん)で修行。橋としてつかわれていた木の悲鳴をきき,その木から阿弥陀(あみだ),弥勒(みろく),観音(かんのん)の像をつくったという。元興(がんごう)寺のとなり,宝亀(ほうき)3年(772)十禅師のひとりにえらばれた。上総(かずさ)(千葉県)出身。俗姓下毛野(しもつけの)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

広達の関連キーワード奈良時代金峯山寺法相

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android