コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

悲鳴 ヒメイ

デジタル大辞泉の解説

ひ‐めい【悲鳴】

[名](スル)
悲しんで鳴くこと。また、その声。
「家鶏は窮屈なる籠に―す」〈独歩・愛弟通信〉
苦痛・恐怖などのために声をあげること。また、その声。「激痛に悲鳴をあげる」
「またまた―する新太を」〈露伴・いさなり〉
自分だけの手におえず、他に助けを求める声。「忙しさに悲鳴をあげる」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひめい【悲鳴】

( 名 ) スル
驚いた時、恐ろしい時、困った時などに高く声をあげること。また、その叫び声。 「きゃあという-」 「また〱-する新太を/いさなとり 露伴
悲しみ泣き叫ぶこと。また、その声。 「家鶏は窮屈なる籠に-す/愛弟通信 独歩
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

悲鳴の関連キーワードアインシュテュルツェンデ・ノイバウテン冥・名・命・明・盟・瞑・茗・迷・銘・鳴ジェイミー・リー カーティスジェーミー・リー カーティス上げる・揚げる・挙げるワタナベケイスケチンギス・ハンメムノンの巨像きゃあきゃあマンドラゴラ絹を裂くよううれしい悲鳴音を上げる成瀬巳喜男裂く・割く三軒長屋ひいひい田中美甫久坂葉子誘導尋問

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

悲鳴の関連情報