床高(読み)ユカダカ

リフォーム用語集の解説

床高

直下の地面、あるいは基準とする地盤からの上面までの高さのこと。建築基準法では、最下階の床の高さは、直下の地面から床の上までを45cm以上にすること、と規定されている。湿気の多い日本では、地面と床があまり近い換気が不十分となり、土台などの部分が腐りやすくなり建物寿命を縮めてしまうことになる。

出典 リフォーム ホームプロリフォーム用語集について 情報

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

床高の関連情報