底魚(読み)そこうお(英語表記)bottom fish; demersal fish

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

底魚
そこうお
bottom fish; demersal fish

海底に生活する魚類浮魚に対する語。カレイ類が代表的であるが,ほかにコチアンコウ,オニオコゼ類などがこれに類する。海底近くまたは海底の砂泥中に体を埋めて生活しているため,一般に体色底質に似ており,眼は大きく上を向き,鰭は小さく遊泳速度が遅いなどの特徴がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

底魚【そこうお】

水産用語で,浮魚(うきうお)の対。成魚が,海底かその付近にすむ魚類。主として海産魚についていう。カレイヒラメコチカナガシラ類が典型的で,体の形,鰭(ひれ)の構造などが底生(ていせい)生活に適応していると考えられる。一般に遊泳速度がおそく,多くの浮魚に見られるような大きい回遊はしない。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

そこうお【底魚】

海底または海底に近い所にすむ魚。カレイ・ヒラメ・タラ・アンコウなど。底棲魚。沈み魚。 ⇔ 表層魚

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

底魚
そこうお
benthic fishdemersal fish

海洋の下層または海底をおもな生活の場とする魚類の総称。表層魚または浮き魚に対して用いられる語で、底生魚ともいう。ホシザメ、アブラツノザメ、ある種のアナゴ類、エソ類、タイ類、アマダイ類、タチウオ、ニベ・グチ類、タラ類、ホウボウ類、ヒラメ・カレイ類、アンコウ類などが代表的な種類である。底魚は体が扁平(へんぺい)もしくは丸いものが多く、典型的な紡錘形は少ない。体色は赤色、褐色、黒色または黄色みを帯び、浮き魚のように青緑色のものは少ない。
 底魚は、底生性の小魚、エビ・カニ類、貝類、多毛類(ゴカイ、イソメなど)、棘皮(きょくひ)類(ウニ、ヒトデなど)などを食べる。比較的運動力のある餌(えさ)を食べる底魚は、口が大きく、歯が発達している。しかし、多毛類を主食とするものでは、口が小さくて歯も退化し、腸が長い。たとえば魚食性のヒラメ、カラスガレイ、アブラガレイなどは大口であるのに対し、おもに多毛類を食べるマコガレイ、メイタガレイ、ヤナギムシガレイなどは小口である。一般に底魚は定着性で遊泳速度が遅く、大きな回遊はしない。しかし、マダイ、アブラツノザメ、タラ類、ヒラメなど大形の底魚は、産卵、越冬のために比較的大きい海域を回遊する。たとえば、東シナ海のマダイは越冬のため3か月で直線距離にして約400キロメートルも移動する。
 底魚は底引網、定置網、釣りなどによって漁獲される。肉は白身で味が淡泊であり、刺身、鍋(なべ)物、練り製品の材料とする。なお底魚漁場の開発と利用などを目的に、一般社団法人日本トロール底魚協会(JOFA:Japan Overseas Fishing Association)が設立されている。[落合 明・尼岡邦夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

そこ‐うお ‥うを【底魚】

〘名〙 主に海底の砂泥中や海底近くに棲息するさかな。タイ類、カレイ類、タラ類、ハモ、アンコウなど。しずみうお。そこもの。⇔浮魚(うきうお)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

底魚の関連情報