コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

底地買い そこちがい

1件 の用語解説(底地買いの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

底地買い
そこちがい

都市部を中心とする地価の高騰から不動産業者や各種ブローカーが地価の急騰を見越して人の居住している住宅地を買いあさること。 1980年代後半,東京都心のオフィスビル需要の急増に伴い,都心地価上昇率は 50%を超え,場所によっては,坪1億円を超える取引も発生した。これが都心の住宅地にも波及し,地上げ屋の横行や土地転がしなど投機的土地取引の横行につながる結果となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone