座席利用率(読み)ざせきりようりつ(英語表記)load factor

翻訳|load factor

世界大百科事典 第2版の解説

ざせきりようりつ【座席利用率 load factor】

航空機に搭乗した旅客数を座席数で割ったもので,人数ベースによる。同様のことを鉄道では乗車効率海運では客席利用率という。500席の航空機に250人乗れば,1便当りの座席利用率は50%となる。なおこの旅客のうち,有償で搭乗した旅客数に飛行距離を乗じた〈有償旅客キロメートル〉を,有効座席数に飛行距離を乗じた〈有効座席キロ〉で割ったものをキロベースによる座席利用率という。座席利用率は重要な経営指標である損益分岐利用率と密接な関係をもっており,座席利用率が損益分岐利用率を上回れば,利益をもたらすとされている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の座席利用率の言及

【人キロ】より

…輸送人員には含まれない輸送距離の要因を補うための指標であり,同様の指標にトンキロ(貨物の輸送トン数×輸送距離),車キロあるいは車両キロ(車両走行台数×走行距離),列車キロ(列車数×走行距離),座席キロ(提供座席数×飛行距離)等がある。座席キロに占める人キロの比率は座席利用率,定員キロに占める人キロの比率は乗車効率と呼ばれる。【中条 潮】。…

※「座席利用率」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android