コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

康清 こうせい

1件 の用語解説(康清の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

康清 こうせい

?-? 鎌倉時代の仏師。
嘉禎(かてい)3年(1237)康勝(こうしょう)らの供養のため奈良東大寺念仏堂の地蔵菩薩(ぼさつ)像をつくる。建長6年(1254)湛慶(たんけい)が京都蓮華(れんげ)王院(三十三間堂)の本尊千手(せんじゅ)観音像をつくるさい康円とともに参加した。康勝の子とも弟子ともいわれる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

康清の関連キーワード円派康勝嘉禎阿円印勝海覚覚西興心幸有宗慶(1)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone