コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

康清 こうせい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

康清 こうせい

?-? 鎌倉時代の仏師。
嘉禎(かてい)3年(1237)康勝(こうしょう)らの供養のため奈良東大寺念仏堂の地蔵菩薩(ぼさつ)像をつくる。建長6年(1254)湛慶(たんけい)が京都蓮華(れんげ)王院(三十三間堂)の本尊千手(せんじゅ)観音像をつくるさい康円とともに参加した。康勝の子とも弟子ともいわれる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

康清の関連キーワード成宗[朝鮮王朝]鎌倉時代清巌正徹佐藤氏正徹嘉禎西行慶派

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android