コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

康勝 こうしょう

4件 の用語解説(康勝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

康勝
こうしょう

鎌倉時代前期の慶派正系の仏師。仏師法橋康勝。運慶の4男。兄湛慶らと父運慶に従って建久9 (1198) 年頃,教王護国寺の『仁王・二天像』を,承元2 (1208) 年に興福寺北円堂の諸像を造顕。その他地蔵十輪院の『四天王像』 (23) ,法隆寺金堂の銅像『阿弥陀三尊像』 (32) ,教王護国寺の『弘法大師像』 (33) ,六波羅蜜寺の『空也上人像』 (「僧康勝」の在銘) などを制作。遺品は慶派の写実と復古主義の作風を示す。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

康勝【こうしょう】

鎌倉初期の仏師。運慶の四男と伝える。東寺弘法大師像や六波羅蜜寺空也上人像等にすぐれた写実的彫技を示し,法隆寺金堂阿弥陀如来像(1232年)は当時の復古的造像の代表的遺品として注目される。
→関連項目慶派

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

康勝 こうしょう

?-1237 鎌倉時代の仏師。
運慶の4男。父や兄湛慶(たんけい)とともに京都教王護国寺(東寺)などの造仏にたずさわる。代表作に法隆寺金堂の阿弥陀(あみだ)三尊像,京都六波羅蜜(ろくはらみつ)寺の空也上人像,東寺の弘法大師像がある。嘉禎(かてい)3年11月27日死去。初名は康海。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こうしょう【康勝】

鎌倉前期の仏師で,運慶の四男。生没年不詳。父運慶や兄たち(湛慶や康弁)とともに1198年(建久9)ころに東寺の仁王・二天像,1208年(承元2)に興福寺北円堂の四天王のうち北方天像,23年(貞応2)に地蔵十輪院四天王を造る。彼の作で特に注目されるのは,法隆寺金堂の銅造阿弥陀三尊(1232),東寺弘法大師像(1233),六波羅蜜寺の空也上人像(年代不明)である。銅造阿弥陀如来三尊像は飛鳥古像に似せて造ろうとした復古的な作だが,顔のつくりは鎌倉風であり,慶派の円熟した技が認められる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の康勝の言及

【鎌倉時代美術】より

…彫刻界では運慶や快慶からその子や弟子たちの世代に入る。康勝が一瞬の動態を写生的にとらえた空也上人像(六波羅蜜寺)を,定慶が宋代彫刻の過度の写実をとり入れた聖観音像(鞍馬寺)をつくったのはこの時期である。なかんずく運慶の長子湛慶は運慶の力動感あふれる存在性と快慶の絵画的あるいは説明的ともいえる写実とを調和させた様式を確立し,1251‐54年(建長3‐6)に蓮華王院本堂(三十三間堂)の復興造仏を成し遂げた。…

【東寺】より

…食堂の西側に築地塀で囲まれた西院があり,その中心建物が大師堂(国宝)である。ここは空海の住房と伝え,不動明王座像(国宝,平安前期)を本尊とすることから不動堂と呼ばれ,のち弘法大師座像(重要文化財,康勝作,1233)をも安置したので大師堂あるいは御影堂とも称されるようになった。建物は後堂(1380),前堂(1390)および中門からなり,檜皮(ひわだ)葺き屋根をもつ住宅風建築。…

※「康勝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

康勝の関連情報