廃品芸術(読み)はいひんげいじゅつ(英語表記)Junck art

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

廃品芸術
はいひんげいじゅつ
Junck art

第2次世界大戦後目立つようになった美術の動向。 R.ラウシェンバーグが 1950年代に手がけた「コンバイン絵画」を,批評家 L.アロウェイが「廃品芸術」と呼んだのが,この名称の起源である。特徴として廃品を素材とし,金属製品や木製品,捨てられたポスターなどが美術作品に持込まれた。 K.シュウィッタースはその先駆者であるが,動く廃物機械の J.ティンゲリーや木の廃品の彫刻家 L.ニーベルスンらが知られる。こうした現象は大量消費社会の形成とかかわりがあり,ヌーボー・レアリスムアセンブリッジと廃品の使用もまた結びついている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

暑さ指数

湿度、気温、日差しの強さの3要素で暑さを表す指標。正式名称は湿球黒球温度(Wet-Bulb Globe Temperature)で、WBGTと略される。熱中症の危険度を判断する目安として国際的に用いら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android