廃村(読み)ハイソン

デジタル大辞泉の解説

はい‐そん【廃村】

過疎地帯などで、住む人のいなくなった村。
市町村合併などにより、存在しなくなった村。
[補説]作品名別項。→廃村

はいそん【廃村】[作品名]

ゴールドスミスによる長詩「寒村行」の別邦題。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

はい‐そん【廃村】

〘名〙 過疎地帯などで、今は人の居住しなくなった村。また市町村合併などにより、存在しなくなった村。
※凌雲集(814)和左金吾将軍藤緒嗣過交野離宮感旧作〈嵯峨天皇〉「廃村已見人煙断、荒院唯聞鳥雀吟」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報