コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

廃村 ハイソン

デジタル大辞泉の解説

はい‐そん【廃村】

過疎地帯などで、住む人のいなくなった村。
市町村合併などにより、存在しなくなった村。
[補説]作品名別項。→廃村

はいそん【廃村】[作品名]

ゴールドスミスによる長詩寒村行」の別邦題。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はいそん【廃村】

さびれて今は人の住まなくなった村。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

廃村の関連キーワード藤岡(栃木県の地名)エンクロージャー足尾銅山鉱毒事件ジェームズタウン弥栄(京都府)城辺(沖縄県)渡良瀬川遊水池山田(富山県)日吉(愛媛県)メースタウン柏木小右衛門南伊勢(町)竹富(町)メキシコ史稲垣[村]京都(府)カヤキョユ花園[村]石垣(市)伊根(町)

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

廃村の関連情報