コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

廃熱利用システム はいねつりようシステムsystem of waste heat utilization

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

廃熱利用システム
はいねつりようシステム
system of waste heat utilization

各種産業施設からの廃熱を,発電・冷暖房・給湯・加熱・乾燥などに有効利用するためのさまざまなシステムの総称。製造業における廃熱利用システムは,それぞれの事業所内あるいはその周辺の利用先の状況に応じて,多種多様なものが工夫されている。廃熱ボイラにより蒸気を得てタービン発電機を駆動する廃熱利用発電は,その一つである。そのほか原料の予熱あるいは製品の乾燥等に,回収した熱が使用される例は多い。一方,量的に多いのは,大規模発電所からの低温の排水である。日本では,通常遠隔地に建設されるため,魚類の養殖等に一部利用されているものの,入力エネルギーの約6割が利用されずに捨てられている。ヨーロッパでは,発電所の熱を地域暖房に利用している例が多い。コジェネレーションシステムも廃熱利用システムの一つといえる。そのほか都市における廃熱利用,たとえば地下鉄駅構内の廃熱を利用し,周辺地域の冷暖房を行なうシステムもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

廃熱利用システムの関連キーワード省エネルギー

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android