予熱(読み)ヨネツ

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)エンジン・機器などを、円滑、すみやかに始動させるために、あらかじめ温めておくこと。また、その熱。「エンジンを予熱する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 エンジン、機器などを実際に使う際に速やかに抵抗なく動くよう、使用前に温めておくこと。また、その熱。
※金の塔(1953)〈吉村昌光〉進歩する工業塩「そしてこのお湯は蒸発罐に入る海水を予熱するために使う」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

予熱の関連情報