コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

延命地蔵 エンメイジゾウ

デジタル大辞泉の解説

えんめい‐じぞう〔‐ヂザウ〕【延命地蔵】

延命・利生(りしょう)を誓願する地蔵尊。新しく生まれた子を守り、その寿命を延ばすという。後世は、短命・若死にを免れるため信仰された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

えんめいじぞう【延命地蔵】

地蔵菩薩の本願のうち、特に延命の功徳を強調した呼称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の延命地蔵の言及

【地蔵】より

…六道をめぐって衆生を導くという信仰は,辻々の六地蔵を生み,あるいは地蔵が小僧の姿で現れるという日本古来の通念を基盤に,在来の道祖神などとも習合して,地蔵が地獄の鬼から子どもを救う〈賽の河原〉の信仰も発達した。江戸時代には,延命地蔵,腹帯地蔵,子育地蔵,片目地蔵など無数の身代り地蔵が民衆によって創出されるが,こうした身代り的現世利益とともに,地蔵は来世救済の面も兼ねそなえ,日本人にとってもっとも親しみ深い菩薩として今日にいたっている。地蔵盆【速水 侑】
[地蔵のイコノグラフィー]
 密教系の地蔵菩薩としては胎蔵界曼荼羅の中に地蔵院(第三重北方)があり,地蔵菩薩を中尊として九尊が並ぶ。…

※「延命地蔵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

延命地蔵の関連キーワード富山県富山市石倉町旧陸軍大刀洗飛行場とげぬき地蔵尊とげぬき地蔵田上(町)刺抜き地蔵上品蓮台寺浄瑠璃寺地蔵菩薩袖もぎ様清和院建長寺常光寺山陰道定光寺地蔵寺聖林寺東光寺壬生寺立江寺

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

延命地蔵の関連情報