コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

短命 タンメイ

デジタル大辞泉の解説

たん‐めい【短命】

[名・形動]
寿命の短いこと。若くして死ぬこと。また、そのさま。「短命な家系」⇔長命
物の存在期間や有効期間の短いこと。また、そのさま。「短命内閣」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たんめい【短命】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
短いいのち。また、命が長く続かないこと。また、そのさま。 ⇔ 長命 「 -な人」
組織・人気などが長続きしないこと。 「 -内閣」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

短命の関連キーワード運命の子 トリソミー/短命という定めの男の子を授かった家族の物語グラウ・サン・マルティンサンタ・フェ・デ・ボゴタクライスラー・ビル朝菌は晦朔を知らず大食は命の取り越しパルテノペア共和国西インド諸島連邦バンテン農民反乱魏晋南北朝時代オルミズド1世宇野宗佑内閣クインチルスクリティアスハナビシソウドイツ人民党坂東三津五郎フォックスシーサットネジレバネ

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

短命の関連情報