コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

延救 えんく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

延救 えんく

?-? 平安時代中期の僧。
真言宗。武蔵(むさし)比企郡(埼玉県)慈光寺出家。頼算にまなぶ。1000日間穀類をたち,戒律をまもり,心身をきよめ,護摩をたく。それを成就したあとも部屋をとじ,断食し,やがて印をむすんで,すわったまま往生したという。治暦(じりゃく)年間(1065-69)の1月14日,享年70歳といわれる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

延救の関連キーワード真言宗

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android