建築生産論(読み)けんちくせいさんろん(英語表記)building production

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

建築生産論
けんちくせいさんろん
building production

建築物を構築するにあたって,その企画,設計,施工における人間の活動を総合的に研究する学問分野。建築がもつ個別散在的な需要の特性,屋外現場で行われる集約的な労働形態の特性,さらに建築行為が多業種異企業にわたる経済活動であり,構造的には重層的下請け構造であるという生産特性に着目し,建築材料や建築の生産過程における人や組織にかかわる種々の法則や関係を整理することで,将来の変化を予見するとともに,効果的な建築生産システムを形成しようとするもの。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アウェイ育児

自身や配偶者の就職や転勤などに伴い、慣れない土地に移って子育てをすること。身近に相談できる親類縁者や友人が少なく、地域とのつながりも薄いケースが多い。また、夫の育児参加が少ないなどで孤立感を深めた母親...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android