コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

建築生産論 けんちくせいさんろん building production

1件 の用語解説(建築生産論の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

建築生産論
けんちくせいさんろん
building production

建築物を構築するにあたって,その企画,設計,施工における人間の活動を総合的に研究する学問分野。建築がもつ個別散在的な需要の特性,屋外現場で行われる集約的な労働形態の特性,さらに建築行為が多業種異企業にわたる経済活動であり,構造的には重層的下請け構造であるという生産特性に着目し,建築材料や建築の生産過程における人や組織にかかわる種々の法則や関係を整理することで,将来の変化を予見するとともに,効果的な建築生産システムを形成しようとするもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

建築生産論の関連キーワードSOAコア・グループの構築建築確認申請連担建築物設計制度建築物平屋立体道路制度公法上の規制建築基準法第8条(維持保全)壁パネル

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone