弄瓦の喜び(読み)ろうがのよろこび

故事成語を知る辞典「弄瓦の喜び」の解説

弄瓦の喜び

女の子が生まれたという喜びを指すことば。

[由来] 「詩経小雅かん」のにうたわれている、古代中国での女の子が生まれた際の風習から。「女の子が生まれたら、地面の上に寝かせ、おむつをはかせてから、『これろうせしむ(糸巻きを手に持たせて遊ばせる)』」とあります。「瓦」とは、もともとは粘土を焼いて作ったものを広く指す漢字で、ここでは、陶器製の糸巻きのことです。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android