弓削牛養(読み)ゆげの うしかい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

弓削牛養 ゆげの-うしかい

?-? 奈良時代の官吏。
道鏡の一族。天平神護(てんぴょうじんご)元年(765)近衛少将となり,神護景雲(じんごけいうん)元年越前介(えちぜんのすけ)をかねる。4年朝臣(あそん)の姓(かばね)をあたえられるが,道鏡失脚後もとの宿禰(すくね)にもどされた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android