コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弓削牛養 ゆげの うしかい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

弓削牛養 ゆげの-うしかい

?-? 奈良時代の官吏。
道鏡の一族。天平神護(てんぴょうじんご)元年(765)近衛少将となり,神護景雲(じんごけいうん)元年越前介(えちぜんのすけ)をかねる。4年朝臣(あそん)の姓(かばね)をあたえられるが,道鏡失脚後もとの宿禰(すくね)にもどされた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

弓削牛養の関連キーワード奈良時代