筒袖(読み)ツツソデ

大辞林 第三版の解説

つつそで【筒袖】

和服で、袂たもとの部分のない筒形の袖。また、その袖の付いた着物。つつっぽ。筒袍つつぽう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

つつ‐そで【筒袖】

〘名〙
① 袂(たもと)がなくて、筒のような形をした袖。また、そういう袖のついた着物。子供の着物、大人のねまき・仕事着などに用いる。削袖(そぎそで)。つつっぽうそで。つっぽうそで。つつっぽう。つつっぽ。〔随筆・貞丈雑記(1784頃)〕
※東京新繁昌記(1874‐76)〈服部誠一〉初「日曜の日好天気、長羽織五六人、筒袖七八人」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の筒袖の言及

【ウマ(馬)】より

…それまでの突く直刀から反りのある刀への変化も,前進しつつ切るための当然のくふうであり,半月刀ほどの反りはなくとも,日本刀にも反りが生じている。またズボンと筒袖の上着の普及は,騎乗の普及とともに伝播(でんぱ)し,ゲルマン人やケルト人はもちろん,中国人さえ胡服といって,それを受け入れた。ただ騎馬の出現の歴史的意味は,この程度のことにとどまるものではなかった。…

※「筒袖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

筒袖の関連情報