コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笠懸 かさかけ

6件 の用語解説(笠懸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

笠懸
かさかけ

群馬県東部,みどり市南部の旧町域。笠懸野呼ばれる渡良瀬川扇状地を占める。 1990年町制施行。 2006年大間々町,村と合体して,みどり市となった。 1975年大間々用水が完成し,米作のほかトマト,ナスなどのハウス栽培が盛んになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

笠懸
かさがけ

笠を的にして,馬上から弓で射る騎射武術。1町 (約 109m) の馬場で綾藺笠 (あやいがさ) または1尺8寸 (約 55cm) の的を遠矢で射る。射手は 10騎または 12騎。ほかに4寸 (約 12cm) の的を用いる小笠懸がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かさ‐がけ【×笠懸】

馬に乗って走りながら弓を射る競技。平安末期から鎌倉時代にかけて盛んに行われた。もとは射手の笠をかけて的としたが、のちには円板の上に牛革を張り、中にわらなどを入れたものを用いた。小笠懸(おがさがけ)遠笠懸神事笠懸などの種類がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

笠懸【かさがけ】

騎乗して遠い距離にセットされた的を射る競技。中世武士の武芸鍛練のための射芸の一つ。流鏑馬(やぶさめ)と同じように騎乗して全速力で駆けながら弓を射るが,流鏑馬とは異なり的の位置がはるか遠いところ(約30m)にセットしてある。
→関連項目弓道馬術

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かさがけ【笠懸】

武芸鍛練のために行われた射芸の一つで,馬上より遠距離の的を射る競技。その由来は笠を懸けて的としたことによる。的は檜を裏板に用い,表に牛革を張り,革と板の間に綿を入れ,中央に墨で適宜の大きさの丸を描いた連銭のそれが使用された。的間(まとあい)は10丈(約30m)。矢は鏃(やじり)を除いて鏑(かぶら)を大きく笠懸用に作った蟇目(ひきめ)が用いられた。的の遠近により遠笠懸,小笠懸の別があった。ほかに神社の祭祀に供される神事笠懸,鬮(くじ)によって敵手を定め勝負を決する鬮笠懸,また百番笠懸,七夕笠懸などの種類があった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かさがけ【笠懸】

〔「かさかけ」とも〕
平安時代以来、長く行われた射芸の一。馬に乗って走りながら、2、30メートルの距離から的を射るもの。的は初め笠を用いたが、のちには円板に革を張り、中にわらなどを入れて膨らませたものを用いた。矢は蟇目ひきめを使う。的間が小笠懸より遠いので、遠笠懸ともいう。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の笠懸の言及

【的】より

…草鹿は,草に鹿の伏した形をヒノキの板を心として白革で作り,栗色塗として斑文の星を白く出して矢あてとし,裏に乳を4ヵ所つけて鳥居形にかけた(図)。騎射の的は流鏑馬(やぶさめ)に笠懸(かさがけ)と挟物(はさみもの)がある。流鏑馬の的は径1尺8寸の方形のヒノキの板的で竹串にはさんで立て,笠懸は射手の綾藺笠(あやいがさ)をかけて的としたのを形式化し,1尺8寸円の革的を鳥居形にかけるのを例とした。…

※「笠懸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

笠懸の関連キーワード犬追物節会相撲デモ梵網会籤的射芸武芸武芸者臨時の祭γ線照射

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

笠懸の関連情報