コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

引っ張り ヒッパリ

デジタル大辞泉の解説

ひっ‐ぱり【引っ張り】

引っ張ること。
路傍に立って通行人の袖を引っ張って客をとった売春婦。よたか。つじぎみ。
「夜鷹だか、―だか」〈魯文西洋道中膝栗毛
合同ですること。共同。
「爰(ここ)では花も―にもらふ極(きめ)とみえた」〈滑・膝栗毛・二〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひっぱり【引っ張り】

ひっぱること。
街頭に立ち通行人をひっぱって売春する女。よたか。つじぎみ。 「 -を一つ買ふ事は出来ねえ/歌舞伎・小袖曽我」
一つのことを一緒にすること。合同。 「ははあ、ここでは花(=祝儀)も-にもらう極きめとみえた/滑稽本・膝栗毛 2
材料の断面に垂直方向の荷重を加え、引き伸ばすこと。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の引っ張りの言及

【街娼】より

… 明治以後における都市社会の急速な発展は,街娼の増加を促すとともに質的な多様化をもたらした。横浜に現れた〈引っ張り〉は外国船員相手の街娼で,代価の10銭からテンセン・オーライの異名をとったが,明治末期になると上級船員をねらって身なりもよく代価3~5円の高級街娼が出没した。昭和初年に東京の銀座などに出現した街娼はこれと同系であり,彼女らをストリートガール(これは和製英語で,英語ではstreet‐walkerなど)と呼んだのは,多くが洋装していたために,従来のうすぎたない街娼とは別種のものとみられたからである。…

【夜鷹】より

…江戸の本所割下水の吉田町は夜鷹の根拠地として有名で,ここから神田辺にまで出向いて稼いだ。幕末に出現した〈引っ張り〉と呼ばれる街娼は,出没場所や平均年齢に差があったともいわれるが,実質は夜鷹と変わらず,異質の街娼があらわれるのは明治以後のことである。街娼【原島 陽一】。…

※「引っ張り」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

引っ張りの関連キーワード引っ張り餅・引っ張り餠カーボンナノチューブ鉄筋コンクリート造アウターライズ地震PSコンクリート鉄筋コンクリートマントーイング引っ張りの見得引っ張り試験引っ張り強さポンドテストアラミド繊維引っ張り縫い鎌継ぎ・鎌継引っ張り餅万能試験機ウイスカー機械的性質曲げ応力度張切れる

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

引っ張りの関連情報