コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

引(き)分け ヒキワケ

デジタル大辞泉の解説

ひき‐わけ【引(き)分け】

勝負事で、決着がつかず、双方勝ち負けなしとして終えること。「試合を引き分けに持ち込む」
平安時代、陰暦8月の駒牽(こまひき)の際に、諸国から奉った馬を院・東宮などに分けて与えること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

引(き)分けの関連キーワードヨーロッパ/サウスアメリカ・カップフォー・ファイブ・シックスサッカー女子ワールドカップアルテミシオンの戦いブラックジャックポーカーダイス広島東洋カープワールドカップ日本シリーズピストン堀口桜井 弥一郎アジアカップ双葉山定次デンプシー若乃花幹士田中将大アポロン光起電力射法八節平安時代

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android