コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

駒牽き/駒引き コマヒキ

デジタル大辞泉の解説

こま‐ひき【駒×牽き/駒引き】

《「こまびき」とも》
馬を引くこと。また、その者。
平安時代、毎年4月に、天皇が群臣とともに武徳殿において、馬寮(めりょう)の馬を御覧になる儀式。5月の騎射に備えたもの。
平安時代、毎年8月、甲斐・武蔵・信濃・上野(こうずけ)の牧場から貢進する馬を天皇が紫宸殿(ししんでん)で御覧になる儀式。秋の駒牽き。
「今日は―とて、左馬寮の使、国々の御牧(みまき)の駒を奉る」〈保元・上〉
駒牽き銭(ぜに)」の略。
「なめし革の巾着に―の根付をさげ」〈浮・男色大鑑・五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

駒牽き/駒引きの関連キーワードなめし革

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android