コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

3件 の用語解説(持の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じ〔ヂ〕【持】

歌合わせや囲碁などで、勝負・優劣がつけられないこと。引き分け。あいこ。もちあい。もち。

じ【持】[漢字項目]

[音](ヂ)(呉) チ(漢) [訓]もつ
学習漢字]3年
〈ジ〉
手にもつ。「持参所持把持捧持(ほうじ)
もちつづける。たもつ。「持続持論持久力維持加持堅持固持護持支持住持保持
引き分け。「持碁
〈チ〉もつ。たもつ。「扶持(ふち)
[名のり]もち・よし

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内のの言及

【句合】より

…有名俳人に判者を仰ぐ一般的方法以外に,作者が集まり,その議論に従う〈衆議判(しゆぎはん)〉や作者自身が判者となる場合もあり形式は多様である。歌合と同じく,優れた方を勝ち,優劣が決められないときは持(じ)とし,判定の理由を判詞として書くのが一般であるが,これまた多様である。1656年(明暦2)の季吟判《俳諧合》が版本として最も古いが,発生は寛永(1624‐44)ごろまでさかのぼりうるかもしれない。…

※「持」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

持の関連情報