コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

預(か)り アズカリ

デジタル大辞泉の解説

あずかり〔あづかり〕【預(か)り】

人や物などを預かること。「預かり物」「保護預かり
預かり証。「一筆預かりを書く」
物事の決着をつけないで持ち越すこと。特に相撲などで、勝負をつけないままにすること。「その件は次回まで預かりとしよう」
引き受けてめんどうをみること。また、その人。担任者。管理者。留守番。
「なにがしの院におはしまし着きて、―召し出づるほど」〈・夕顔〉
平安時代、役人の長の一。院の御厨子所(みずしどころ)進物所の奉行など。
中世、荘官(しょうかん)の一。→預所(あずかりどころ)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

預(か)りの関連キーワード鶴沢 勘治郎(2代目)中尾都山(2世)菅野序遊(5世)ベビー・ホテルデポジット制度吉田 扇太郎初代深川湖十石井 伝太郎保護預かり瀬尾 乃武仰せられる川崎 九淵冥途の飛脚ささいなし吉見 嘉樹質入証券亀井俊雄運用預り倉荷証券倉庫証券

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android