コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

預(か)り アズカリ

1件 の用語解説(預(か)りの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あずかり〔あづかり〕【預(か)り】

人や物などを預かること。「預かり物」「保護預かり
預かり証。「一筆預かりを書く」
物事の決着をつけないで持ち越すこと。特に相撲などで、勝負をつけないままにすること。「その件は次回まで預かりとしよう」
引き受けてめんどうをみること。また、その人。担任者。管理者。留守番。
「なにがしの院におはしまし着きて、―召し出づるほど」〈・夕顔〉
平安時代、役人の長の一。院の御厨子所(みずしどころ)進物所の奉行など。
中世、荘官(しょうかん)の一。→預所(あずかりどころ)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

預(か)りの関連キーワード預かる預け馬宿受託留守を預かる預り所預り証預り主蔵預り殺鬼