決着(読み)ケッチャク

  • 決着/結着

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)物事のきまりがついて終わりになること。「―をつける」「―を見る」「交渉が―する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

(古くは「けつぢゃく」)
① (━する) きまりがつくこと。物事がきまること。また、物事をきめること。落着。結着。
※日葡辞書(1603‐04)「クジヲ qetgiacu(ケツヂャク) スル」
※野の花(1901)〈田山花袋〉四「破れるとも遂げるとも、〈略〉この決着をみなければならない」
② (形動) 最後のさま。ぎりぎり。
※歌舞伎・音駒山守達源氏(大仏供養)(1873)序幕「お得意先の事でござりますゆゑ、実に決着(ケッチャク)な直段でござりまするから」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android