決着(読み)ケッチャク

デジタル大辞泉の解説

けっ‐ちゃく【決着/結着】

[名](スル)物事のきまりがついて終わりになること。「―をつける」「―を見る」「交渉が―する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

けっ‐ちゃく【決着】

(古くは「けつぢゃく」)
① (━する) きまりがつくこと。物事がきまること。また、物事をきめること。落着。結着。
※日葡辞書(1603‐04)「クジヲ qetgiacu(ケツヂャク) スル」
※野の花(1901)〈田山花袋〉四「破れるとも遂げるとも、〈略〉この決着をみなければならない」
② (形動) 最後のさま。ぎりぎり。
※歌舞伎・音駒山守達源氏(大仏供養)(1873)序幕「お得意先の事でござりますゆゑ、実に決着(ケッチャク)な直段でござりまするから」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報