コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東宮/春宮 トウグウ

3件 の用語解説(東宮/春宮の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とう‐ぐう【東宮/春宮】

《東は四季の春に配されて万物生成の意をもち、また易では長男を表す震にあたり、宮殿が皇居の東にあったところから》
皇太子の住む宮殿。みこのみや。
皇太子の称。ひつぎのみこ。

みこ‐の‐みや【東宮/春宮】

皇太子。とうぐう。はるのみや。
「―の帯刀(たちはき)に侍りけるを」〈古今・雑下・詞書〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東宮
とうぐう

皇太子の居所。転じて皇太子の称ともなる。東は、四季に配すれば春にあたり、色に配すれば青にあたるので、春宮(とうぐう)とも青宮(せいきゅう)とも称し、さらに皇位継承者の意味から、儲君(ちょくん)、ひつぎのみこ、もうけのきみなどともいう。本来、皇嗣(こうし)と定められた者は、皇子または皇孫、あるいは皇兄弟その他の皇親であっても、すべて皇太子と称すべきであるが、皇弟の場合はとくに皇太弟と称した例も少なくない。
 1889年(明治22)の皇室典範制定以前の制度では、皇嗣は立太子によって初めて定まり、平安初期にはその儀礼も整えられ、さらに醍醐(だいご)天皇の皇子保明(やすあきら)親王の立太子以降、壺切(つぼきり)の剣を皇太子に授ける例が開かれ、東宮相伝の護剣となって現在に至っている。立太子礼は後小松(ごこまつ)天皇から後西(ごさい)天皇に至る12代、約300年間中絶したが、1683年(天和3)の再興にあたり、立太子に先だって儲君治定を行う例が開かれ、以後、儲君は立太子以前の皇嗣をさす呼称となり、光格(こうかく)、明治両天皇のように、儲君からただちに皇位につく例も生じた。皇室典範制定後の制度では、皇位継承は典範の定める順位により、皇太子は皇嗣たる皇子の生まれながらの称で、その皇嗣が皇孫の場合は皇太孫と称するが、その他の場合には特別の呼称はない。したがって立太子礼は皇太子または皇太孫に限られ、その他の皇族が皇嗣となった場合は行われない。現在の東宮御所は東京都港区元赤坂の赤坂御用地内にある。[橋本義彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東宮/春宮の関連キーワード季題陰気元気元亨利貞万物陽気雷同四季払い四季の詠(四季の眺)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone