引売(読み)ひきうり

精選版 日本国語大辞典の解説

ひき‐うり【引売】

〘名〙
① はじめに言った値段・表示の価格などよりも安く、値引きして売ること。また、叩き売りすること。
※歌舞伎・御摂勧進帳(1773)四立「此奴が此奴が、引売り同前な事を言やあがるな」
② 荷車などに商品をのせて、引いて売り歩くこと。また、その人。
※俳諧・富士石(1679)二「引売やあやめかくれの片は綱〈一踈〉」
③ 粉などを碾(ひ)きながら売ること。
※雑俳・うき世笠(1703)「かぜふけば引売ならぬこせうのこ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる