御摂勧進帳(読み)ごひいきかんじんちょう

世界大百科事典 第2版の解説

ごひいきかんじんちょう【御摂勧進帳】

歌舞伎狂言。時代物。6幕。通称《芋洗勧進帳》。桜田治助河竹新七,奥野瑳助ほか作。1773年(安永2)11月江戸の中村座初演。弁慶を3世市川海老蔵(前名4世団十郎),熊井太郎・御厩喜三太・富樫を5世団十郎,義経を4世松本幸四郎,直井左衛門秀国を大谷広治,秀衡娘忍の前を4世岩井半四郎ほか。能の《安宅》などによる義経の奥州落ちを中心にすえ,《暫》《松風》《道成寺》などを配した顔見世狂言。二幕目の浄瑠璃《色手綱恋の関札》は,幸四郎扮する義経が馬に乗り,広治と半四郎を従えた3人のセリ出しがきれいだったらしい。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の御摂勧進帳の言及

【安宅】より

…十八番の原拠となった《星合十二段》(初演1702年2月),その後日狂言《新板高館弁慶状(しんぱんたかだちべんけいじよう)》(1702年7月)がある。長唄の名曲として残っている《隈取安宅松(くまどりあたかのまつ)》は《雪梅顔見勢(むつのはなうめのかおみせ)》(1769年11月)の道行の場面であり,《芋洗(いもあらい)勧進帳》の通称で親しまれている《御摂(ごひいき)勧進帳》(1773年11月),《滑稽俄安宅新関(おどけにわかあたかのしんせき)》(1865年10月)などがある。以上が江戸の系統で,上方にも《安宅》の後日物語の場面がある《日本第一和布苅神事(につぽんだいいちめかりのしんじ)》(1773年2月,大坂)などがある。…

※「御摂勧進帳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android