引責(読み)いんせき

精選版 日本国語大辞典 「引責」の意味・読み・例文・類語

いん‐せき【引責】

〘名〙 責任自分の身に引きうけること。責任をとること。
寸鉄‐明治二五年(1892)六月二三日「子爵の此辞職にして法典延期の為めならんには断然たる引責の挙動寔に立憲大臣たるの行為として耻からずと謂ふべきなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「引責」の意味・読み・例文・類語

いん‐せき【引責】

[名](スル)責任を自分の身に引き受けること。責任を取ること。「引責辞職」
[類語]被る引っ被る泥を被る尻を拭う双肩に担う背負って立つ責めを負う

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android