弘世 助太郎(読み)ヒロセ スケタロウ

20世紀日本人名事典の解説

弘世 助太郎
ヒロセ スケタロウ

大正・昭和期の実業家 日本生命保険社長。



生年
明治4年12月9日(1872年)

没年
昭和11(1936)年3月9日

出生地
近江国彦根(滋賀県彦根市)

学歴〔年〕
第三高等中学校卒

主な受賞名〔年〕
シュバリエ・ド・ランナン勲章〔昭和2年〕

経歴
三菱合資銀行部、勧業銀行勤務、日本倉庫支配人を経て、明治33年山口銀行副支配人となる。41年日本生命保険取締役、大正8年専務、昭和3年社長に就任し、没年まで務めた。同社の戦前における興隆期を築いた。この他、生命保険協会理事長、関西信託、三和銀行日本無線電信都ホテル、大阪ホテル、大阪毎日新聞などの重役も兼任した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android