コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三和銀行 さんわぎんこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三和銀行
さんわぎんこう

UFJ銀行の前身。 1933年三十四,山口,鴻池の3銀行が合併して三和銀行設立。 42年辻林,更池,河泉,乙訓,山城八幡の各銀行,43年尾州銀行を譲り受け,45年三和信託,大同銀行,大和田銀行を合併。 59年信託部門を分離し,神戸銀行,野村證券とともに東洋信託銀行を設立。三和銀行グループ (三水会) の中核的存在として重要な役割を果した。 98年アメリカの証券会社メリルリンチと投資信託分野で,99年にはモルガンスタンレーと資産運用でそれぞれ業務提携を結んだ。 2001年東海銀行,東洋信託銀行とともに共同持株会社 UFJホールディングスを設立,02年東海銀行と合併し UFJ銀行となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三和銀行
さんわぎんこう

都市銀行の旧名称。現三菱東京UFJ銀行。1933年(昭和8)に当時大阪の地場産業を地盤とする銀行であった鴻池(こうのいけ)、山口、三十四の3銀行が合併して設立された。ピープルズ・バンク(大衆の銀行)をモットーに、創立期より大衆化路線を推し進め、預金・貸出両面で個人および中小企業の占める割合が上位都市銀行のなかでは非常に高いという特徴があった。他行に先駆けてカード・ローンに先鞭(せんべん)をつけたことにみられるように、新商品開発能力にも優れていた。日商岩井、ニチメン(前記2社は2004年に合併、双日(そうじつ)となる)、大林組、日立造船、神戸製鋼所などとの間で企業グループを形成したが、この点では財閥系銀行に後れをとっていた。海外業務部門にも力を入れ、なかでも中国に対して積極的なアプローチをしていた。2000年(平成12)3月、あさひ銀行、東海銀行との3行による事業統合の方針を発表したが、その後の意見の対立から6月、あさひ銀行が離脱。同年7月には三和、東海、東洋信託銀行(現三菱UFJ信託銀行)の3行は共同持株会社のもと、2002年4月をめどに合併・統合する方針を発表した。2001年4月持株会社UFJホールディングス設立。2002年1月、東海銀行と合併し、UFJ銀行となった。2005年10月にはUFJホールディングスと三菱東京フィナンシャル・グループとの合併により、三菱UFJフィナンシャル・グループが誕生。UFJ銀行は2006年1月東京三菱銀行と合併して三菱東京UFJ銀行となった。2001年9月当時の資本金8435億8200万円、預金残高29兆7618億円、貸出残高28兆2793億円であった。[外山茂樹]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

三和銀行の関連キーワードUFJホールディングス[株]鴻池善右衛門(11代)山口吉郎兵衛(4代)東洋信託銀行[株]オリックス[株]架空預金証書事件積水ハウス[株]山口銀行[株]福井銀行[株]山口 吉郎兵衛ニチメン[株]UFJ信託銀行弘世 助太郎佐々木駒之助日本住宅金融TIS[株]JCB[株]三和グループ波多野 爽波鴻池 新十郎

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三和銀行の関連情報