コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弥漫性白質病変/瀰漫性白質病変 ビマンセイハクシツビョウヘン

デジタル大辞泉の解説

びまんせい‐はくしつびょうへん〔‐ハクシツビヤウヘン〕【弥漫性白質病変/×瀰漫性白質病変】

大脳白質に広範囲にわたって障害がみられる状態。動脈硬化による血流の低下などが原因とされる。高齢者高血圧の人に起こりやすく、進行すると脳梗塞認知症の原因となることがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android