コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弱電 じゃくでん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

弱電
じゃくでん

情報の伝達に用いる電気機器の系を総称する。通信機,放送機械,コンピュータの類まで含まれる。強電に対する語であるが,弱電機械工業などと使われ,定義の明確なものではない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

じゃく‐でん【弱電】

主として通信・家庭電気用品などを扱う部門の通称。「弱電業界」⇔強電

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じゃくでん【弱電】

電子回路など、比較的小さい電流の現象を扱う部門。 ↔ 強電

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の弱電の言及

【重電機工業】より

機械工業のなかで発電機,電動機などの回転電気機械や,変圧器,整流器,開閉制御装置などの静止電気機械を開発・製造する産業。なお,重電機(重電)と電動機を使った家庭用電気機械(家電)を合わせて強電と呼び,電子機器を弱電と呼ぶこともある。
[日本における沿革]
 日本初の発電機は1883年に製造されたが,当時,重電技術は欧米が進んでいたため,発電機,電動機とも大半を輸入に頼らざるをえなかった。…

※「弱電」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

弱電の関連キーワードプラント・エンジニアリング産業ラミネート工業信州新町[町]大阪府門真市タムラ製作所安八[町]虎姫[町]中島[町]松山[町]ジーメンス宇田新太郎福崎[町]重電機工業六日町盆地岱明[町]小菅[村]金浦[町]パーマロイ方城[町]香寺[町]

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

弱電の関連情報