コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

強電 きょうでん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

強電
きょうでん

電気工学の分野のうち,エネルギー伝達変換に用いる電気機器が関係する分野をいう。弱電に対する語であるが,両者の間に明確な境界はつけにくい。一般に,比較的大きい電力を処理する電気工学の分野をさす。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

きょうでん【強電】

工業などで使う大電流・高電圧・大電力のこと。
電力エネルギーの伝送や、その機械的エネルギー・熱エネルギーへの変換を扱う電気工学の部門。 ⇔ 弱電

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の強電の言及

【重電機工業】より

機械工業のなかで発電機,電動機などの回転電気機械や,変圧器,整流器,開閉制御装置などの静止電気機械を開発・製造する産業。なお,重電機(重電)と電動機を使った家庭用電気機械(家電)を合わせて強電と呼び,電子機器を弱電と呼ぶこともある。
[日本における沿革]
 日本初の発電機は1883年に製造されたが,当時,重電技術は欧米が進んでいたため,発電機,電動機とも大半を輸入に頼らざるをえなかった。…

※「強電」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

強電の関連キーワードエリック・アマンド・ヨセフ ヒュッケルデバイ‐ヒュッケル‐オンサガーの式ネルンストの式(拡散定数)デバイ=ヒュッケルの理論デバイ‐ヒュッケルの理論オンサーガー方程式セント・エルモの火機械的エネルギーイオン強度の法則電力ケーブルヴィーン効果双葉電子工業超低温装置清水 勤二久保 昌二重電機工業シュタルクヒュッケルデバイ半径ジーメンス