コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

張力説 ちょうりょくせつ strain theory

1件 の用語解説(張力説の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

張力説
ちょうりょくせつ
strain theory

1885年に A.バイヤーにより提唱された理論で,バイヤーの張力説とも呼ばれる。環式有機化合物の炭素原子の結合角 (正四面体とすると 109°28′) がその正常値から離れるほど,その化合物は化学的に反応性が大きくなるという説である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

張力説の関連キーワードイヤーウマルハイヤームバイヤーズクレジットルバイヤートマイヤーの関係式チャージ・バイヤーワンタイム・バイヤーバイヤーズバリューシナジーバイヤーストラテジックバイヤー

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone