コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

結合角 ケツゴウカク

3件 の用語解説(結合角の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

けつごう‐かく〔ケツガフ‐〕【結合角】

一つの原子が共有結合配位結合水素結合などで二つの原子と結ばれるときの、それぞれの原子間を結ぶ直線の成す角。原子価角

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

結合角
けつごうかく
bond angle

3個の原子が原子価結合(共有結合配位結合)あるいは水素結合で連結されているとき、それぞれの結合軸(原子間を結ぶ直線)のつくる角度をいう。原子価角といわれることもある。結合の種類、結合に関与する原子あるいは原子団、近隣の原子あるいは原子団の影響によっていくらか変化するが、結合に用いられる電子軌道の種類に従ってほぼ一定の値となることが多い。たとえば、sp3混成軌道を用いるメタンCH4の炭素原子については、どのC-H結合2本の組合せでも結合角は109.5度(正四面体角)となる。また、四塩化炭素CCl4の結合角も同じになるが、クロロホルムCHCl3の2本のC-Cl結合角は110.4度となる。[岩本振武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone