コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

張志淵 ちょうしえん Chang Chi‐yŏn

1件 の用語解説(張志淵の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうしえん【張志淵 Chang Chi‐yŏn】

1864‐1921
朝鮮の言論人,学者。字は舜韶,号は韋庵。慶尚道尚州の生れ。高宗32年(1894)進士に及第。1899年《皇城新聞》主筆。ついで広文社を設立し丁若鏞の《牧民心書》等を刊行。1902年《皇城新聞》社長となり,04年11月〈是の日や放声大哭す〉という社説を掲げ,日韓保護条約の締結が日本の強要によることを暴露して日本官憲によって投獄された。06年大韓自強会の設立に参加し愛国啓蒙運動を展開した。10年の日韓併合後は《朝鮮儒教淵源》を発表(1917)するなど歴史研究に従事した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の張志淵の言及

【皇城新聞】より

…国漢文(漢文・ハングル混用体)を用いた。論説陣には朴殷植,張志淵,申采浩,柳瑾らを擁し,初期には独立協会を擁護し開明的な論陣を張った。1904年11月に当時の社長張志淵は保護条約締結を指弾する論説を掲げ,翌年2月まで停刊させられた。…

※「張志淵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

張志淵の関連キーワード衛氏朝鮮衛満箕子朝鮮高麗マッケンジー論人古朝鮮火計北朝鮮の鉱物資源閔元植

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone