コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皇城新聞 こうじょうしんぶん Hwang-sǒng-sin-mun

2件 の用語解説(皇城新聞の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

皇城新聞
こうじょうしんぶん
Hwang-sǒng-sin-mun

朝鮮,光武2 (1898) 年から隆煕4 (1910) 年まで,独立協会員,南宮檍,羅寿淵,柳瑾らにより,『大韓皇城新聞』の版権を受けて発刊された新聞。4頁,平版印刷の日刊紙で,ハングルと漢文の混合体。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こうじょうしんぶん【皇城新聞】

朝鮮の李朝末期にソウルで発行された日刊新聞。1898年5月,南宮檍が社長となって創刊。国漢文(漢文・ハングル混用体)を用いた。論説陣には朴殷植,張志淵,申采浩,柳瑾らを擁し,初期には独立協会を擁護し開明的な論陣を張った。1904年11月に当時の社長張志淵は保護条約締結を指弾する論説を掲げ,翌年2月まで停刊させられた。その後も韓国統監府の圧力により停刊,記事削除などの処分をしばしば受けた。10年8月の日韓併合後,《漢城新聞》と改題し,9月に資金難のため廃刊となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の皇城新聞の言及

【張志淵】より

…高宗32年(1894)進士に及第。1899年《皇城新聞》主筆。ついで広文社を設立し丁若鏞の《牧民心書》等を刊行。…

※「皇城新聞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

皇城新聞の関連キーワード韓国事大党成均館朝刊夕刊守旧派日刊新民報京城日報大韓毎日申報東国歳時記

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone