コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皇城新聞 こうじょうしんぶんHwang-sǒng-sin-mun

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

皇城新聞
こうじょうしんぶん
Hwang-sǒng-sin-mun

朝鮮,光武2 (1898) 年から隆煕4 (1910) 年まで,独立協会員,南宮檍,羅寿淵,柳瑾らにより,『大韓皇城新聞』の版権を受けて発刊された新聞。4頁,平版印刷の日刊紙で,ハングルと漢文の混合体。のちに張志淵,申釆浩,朴殷植らが加入,光武9 (05) 年の乙巳保護条約に反対して停刊命令を受けるなど,反日独立の性格が強い新聞。日韓併合と同時に廃刊された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうじょうしんぶん【皇城新聞】

朝鮮の李朝末期にソウルで発行された日刊新聞。1898年5月,南宮檍が社長となって創刊。国漢文(漢文・ハングル混用体)を用いた。論説陣には朴殷植,張志淵,申采浩,柳瑾らを擁し,初期には独立協会を擁護し開明的な論陣を張った。1904年11月に当時の社長張志淵は保護条約締結を指弾する論説を掲げ,翌年2月まで停刊させられた。その後も韓国統監府の圧力により停刊,記事削除などの処分をしばしば受けた。10年8月の日韓併合後,《漢城新聞》と改題し,9月に資金難のため廃刊となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の皇城新聞の言及

【張志淵】より

…高宗32年(1894)進士に及第。1899年《皇城新聞》主筆。ついで広文社を設立し丁若鏞の《牧民心書》等を刊行。…

※「皇城新聞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

皇城新聞の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門アメリカ・スペイン戦争チェーホフガニベ・イ・ガルシアハワイ併合伊藤博文内閣ウナムーノ社会小説ストリンドベリ[各個指定]芸能部門