コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

張間麻佐緒 はりま まさお

1件 の用語解説(張間麻佐緒の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

張間麻佐緒 はりま-まさお

1911-1997 昭和-平成時代の漆芸家。
明治44年8月25日生まれ。前大峰(まえ-たいほう)らにまなぶ。昭和56年「うす氷漆屏風(びょうぶ)」で日展会員賞。同年重要無形文化財保持団体の輪島塗技術保存会会長となる。平成9年2月21日死去。85歳。石川県出身。本名は政雄。
【格言など】創作対象はいつも目に入っている,それを生かすも殺すも自分だ(庭の野鳥や花々をスケッチしながら)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

張間麻佐緒の関連キーワード音丸耕堂石井勇助太田儔北村昭斎塩多慶四郎寺井直次前史雄増村益城山岸一男山下義人

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone