強制認知(読み)キョウセイニンチ

デジタル大辞泉の解説

きょうせい‐にんち〔キヤウセイ‐〕【強制認知】

父または母が子を認知をしない場合に、子またはその直系卑族が認知請求の訴えを起こし、判決によってなす認知。裁判認知。→認知

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きょうせいにんち【強制認知】

婚姻外に生まれた子などが父または母に対し、裁判によって認知を請求すること。 → 認知

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

強制認知
きょうせいにんち

嫡出でない子またはその直系卑属から、父または母を被告として、裁判上で請求する認知(民法787条)をいう。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の強制認知の言及

【人相学】より

…人相を調べてその人の気質や性格を明らかにし,さらにたどるべき運命も予測しようとする経験的な知の体系。人相術,観相学(術)などとも言う。この場合,人相には顔貌だけではなく,身体の形状,姿勢,動作なども含まれることがあり,霊魂と身体とは互いに共感・照応するものであって,人の気質や性格は身体の外面に反映されるとする考えが根底にある。英語などの西欧語は,ギリシア語のphysis(自然,本性)とgnōmē(知識,判断)の合成にもとづく。…

※「強制認知」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

強制認知の関連情報