コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弾丸列車 ダンガンレッシャ

デジタル大辞泉の解説

だんがん‐れっしゃ〔ダングワン‐〕【弾丸列車】

弾丸のように速い列車の意。昭和13年(1938)東京・下関間を結ぶ広軌幹線鉄道の計画中に用いられた語。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

だんがんれっしゃ【弾丸列車】

弾丸のように非常に速い列車。1938年(昭和13)東京・下関間を九時間で走る鉄道計画が唱えられた時に用いられた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の弾丸列車の言及

【鉄道】より

…それらの中で,日本やドイツでは,侵略戦争の支配地域を中心に,広大な地域にわたる鉄道網を構想した。日本政府が構想し,実行に移した東京~下関間の広軌新幹線(弾丸列車)計画は,関釜トンネルの掘削による東アジア交通体系の形成という構想に連なるものであった。日本政府には,さらに〈防共鉄道〉の名のもとに,ソ連の南側を通ってアジア大陸を横断し,ナチス・ドイツと結ぶ鉄道の建設計画が鉄道関係者から進言されていた。…

※「弾丸列車」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

弾丸列車の関連キーワードロイ エーカフATC装置新幹線弾丸

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

弾丸列車の関連情報