弾正の忠(読み)だんじょうのじょう

精選版 日本国語大辞典「弾正の忠」の解説

だんじょう【弾正】 の 忠(じょう・ちゅう)

① 弾正台①の判官大忠一人(正六位上相当官)、忠二人(正六位下相当官)の別がある。
儀式(872)六「弾正忠以下、出朱雀門西掖門
② 弾正台②の職員。明治二年(一八六九)五月官制で設置。大・少の別があり、各二人ずつであったが、同年七月官制で大・少・正・権各一人とし、大忠は勅任官、権大忠以下は奏任官とした。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ペルソナ・ノン・グラータ

好ましくない人の意。国際法上,外交使節団の長 (大使) のアグレマンを求められた国は,自国にとって好ましくない人物と判断した場合,理由を示さず派遣を拒否できる。着任後好ましくない人物であることが判明し...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android