当金(読み)トウキン

デジタル大辞泉の解説

とう‐きん〔タウ‐〕【当金】

その場で金を受け渡しすること。また、その金。即金。当銀
「仰せの通り―百両、いざお受け取り下さりませ」〈伎・上野初花

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とうきん【当金】

即金。当銀。 「仰せの通り-百両、いざお受け取り下さりませ/歌舞伎・天衣紛」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

とう‐きん タウ‥【当金】

〘名〙 その場で受け渡しをする金。即金。当銀。
※歌舞伎・八重霞曾我組糸(1823)三立「当金(タウキン)半分償へば、妹はわしが連れて帰り」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

当金の関連情報